メニュー

SERVICESPFI事業

2006年12月28日に実施された、熊本市初PFI方式(Private Finance Initiative)による熊本市総合保健福祉センターが正式に決定され、維持管理・運営が2008年4月1日にスタートしました。5階建てで1階に市民協働の広場(ウェルパル広場)、2階にこども総合相談室とこどもの発達支援センター、3階に中央保健福祉センター、4階に市保健所が入居。5階には屋上広場が作られています。当社では施設の維持管理及び運営業務(建物設備保守管理・植栽外構施設保守管理・清掃管理・保安警備・総合受付案内・駐車場保安管理等)を担当し、事業期間は平成20年4月~平成40年3月末日までの20年間履行します。また、先日、一般公募により愛称も「ウェルパルくまもと」に決定しました。利用者の方々に愛されるよう頑張っていきます。そして快適な空間と満足いただけるサービスの提供を目指し、当施設の維持管理・運営を全力で行います。

熊本城桜の馬場 観光交流施設

本城の歴史体験と城下町独自の食文化、ものづくりに出会うエンターテイメント施設として3月5日に「熊本城桜の馬場 城彩苑」がオープンしました。当施設はPFI事業として歴史文化体験施設の「湧々座」及び総合観光案内所を共同企業体の熊本城観光交流サービスが、飲食物販施設「桜の小路」を共同企業体の熊本城桜の馬場リテールがそれぞれ担当し、運営管理を行って参ります。当社は各企業体の構成企業として維持管理業務全般を20年間に亘り担当いたします。

歴史文化体験施設「湧々座」

1Fでは「熊本今昔物語」として加藤清正の肥後入国から西南戦争までの熊本の歴史と城下町の魅力を分かりやすく解説。最新鋭のVR(バーチャルリアリティ)では、臨場感あふれる映像で江戸中期の熊本城探索をお楽しみいただけます。
 2Fは「ものがたり御殿」で迫力ある映像・歴史資料・役者によるパフォーマンスがクロスした愉快なエンターテイメント。熊本城から広がる歴史ハイライトをドラマ仕立てにして紹介いたします。熊本城にお立ち寄りの際には、是非見ておきたい舞台です。

飲食物販施設「桜の小路」

 郷土料理やここでしか味わえないメニューなど、熊本県ならではの食文化を目と舌で堪能できる飲食店。熊本の名産品や城彩苑の限定グッズを販売する物販店。県下から選りすぐりの23のお店が勢揃いしています。また夕暮れ時からは熊本城と共に、城彩苑もライトアップされ、幻想的な雰囲気に包まれてお食事やショッピングがお楽しみ頂けます。

その他にも熊本市内・県内の様々な観光情報が終結した「総合観光案内所」や城下町に伝わる伝統芸能など、地域の人々との交流をお楽しみいただく「多目的交流室」、また城彩苑の中央には四角く周囲を水で囲まれた「親水空間」があり、様々なイベントが催されています。
※【PFIとは】「PFI(Private Finance Initiative:プライベート・ファイナンス・イニシアティブ)」のことで、公共施設等の建設、維持管理、運営等を民間の資金、経営能力及び技術的能力を活用して行う新しい手法です。

PageTop